bemod

2019年11月17日

ユニクロ潜入一年

横田増生/2017年/文藝春秋/四六

ユニクロがマクドナルドのような存在になって久しい。ファッションに疎い僕は気を抜くとすべての服がユニクロになってしまうほどこの会社の衣料品に影響を受けており、それゆえにこの本は興味深く読んだ。

消費者からするとユニクロの商品はとてもコスパがいい。生地が薄いだとか、1年着たらすぐダメになるなど文句を言いつつも、それでもユニクロに通ってしまうのは、それでも許せるだけの価格設定だからだ。圧倒的に安い価格を背景にグローバル企業に成長したユニクロだが、その価格設定にしわ寄せは働く人たちにいっていたということは、普通に想像してみれば当たり前のことでもある。

著者が働いていたビックロという新宿にある巨大なユニクロで働く人たちの時給は1000円らしい。僕が20年近く前に働いていた三越のパン屋もかなり忙しかったが、その当時ですら1100円ほど貰っていた気がする。ビックロへはよく行くが、この店は繁盛店でとにかく忙しい。店員さんが休む間もなく働いているのに時給が1000円というのため、この店には外国人の店員が多い。外国人客の対応をするために外国人の店員が多いわけではないのがこの世界の一つの困難さでもあるのだろう。

とはいえ、海外の(特にアジアの)工場の過酷さに比べたらまだマシなほうなのかもしれない。著者もユニクロをブラック企業の代表のように仕立てる意図はなく、あくまでフラットに自分の体験を書いている。それをそのまま読むと、客商売の店は多かれ少なかれどこもこんな感じ…という、成熟したはずの資本主義社会の持っているダメな側面(どうにもならないという意味で)だけがただ浮かんでくるというオチだった。

読む[書籍]  ユニクロ潜入一年 はコメントを受け付けていません。

ツッパリ生徒と泣き虫先生

六田登/NHKプロジェクトX制作班/2004年/宙出版/四六

この漫画はNHKのプロジェクトXという番組のスピンオフとして制作されたようだ。普通だったらそういう漫画は読まないのだが、『F』の六田登氏が描いているということと、いつか作りたいと思っているラグビー漫画関連の同人誌のために読んでみることにした。

漫画の題材となっている伏見工業高校ラグビー部と山口先生の話はあまりにも有名で、それこそ80年代の大ヒットドラマ『スクールウォーズ』の題材にもなっている。

内容的にはわりとどストレートな内容になっていて、六田氏の熱い絵柄とマッチして暑苦しい古き良きラグビー部の世界観が描かれていると言えばそうだが、さすがに現代ラグビー(というかスポーツ全般)の中で、不良が一念発起してスポーツに打ち込みビルドゥングスロマンを達成するというお決まりのストーリーが普遍的な価値をもっていくのかということに対しては、実は疑問だったりもするのだが…。

読む[漫画]  ツッパリ生徒と泣き虫先生 はコメントを受け付けていません。

コミック昭和史(全8巻)

水木しげる/1988年-1989年/講談社/文庫

コミック昭和史(全8巻)

水木しげる氏の体験談をベースに昭和史を描いた作品。水木氏は太平洋戦争に参加して左手を失っている。南国の島々でいつ死ぬともわからないような過酷な経験をしていたため、戦中の話が大半を占めている。

昔は戦中派とか戦後派とかいう言葉があって、そこに明確な分断線が引かれていた。この漫画を読むとその理由がはっきりとわかる。戦争という異常な空間(しかも現代の戦争とも違う)の中で人々が理不尽に戦い、理不尽に死んでいった経験は、その後の平和な日常の中であっても何度も何度も思い起こされたことだと思う。

事実、戦争関連のドキュメンタリーを見ると、90歳を過ぎて老人ホームに入っているような方々が、戦前の話となると昨日のことのように話し始め、感情があふれ出す。それくらい心に大きな影響を与えているのだ。

僕は戦争から遠く離れて生き、そして大人になった。そのいま、こういった漫画を読んだときに感じる圧倒的な理不尽さ・不条理さについて自分の中でまだ自分の意見が持てないでいる。

読む[漫画]  コミック昭和史(全8巻) はコメントを受け付けていません。

ニコニコ超会議 2018

2018年04月28日/13:00-15:15/幕張メッセ
2018年04月29日/12:30-15:45/幕張メッセ

今年も2日間参加。何気に初開催の2012年からすべて参加している。初期の頃はアイドルヲタクもやっていたし、ニコニコ動画界隈(踊ってみたなど)に対する関心も強かったので、各ブースそれぞれを堪能していた。ここ数年はほぼどのブースも回ることなくただコスプレ撮影だけをしている。

今回気になったのは、来場者数がかなり少なく感じたことだ。ブースの数も以前に比べてとても少ない。公式発表では来場者数は過去最高となっていたので、その発表をまともに受けるとするなら、参加者が昔のように(それこそ僕のように)横断的にいろいろなブースやイベントに参加しているのではなく、今の僕のように好きなジャンルの好きなイベントに参加しているということなのだと思う。

だから、歌舞伎が好きなら歌舞伎だけ、コスプレが好きならコスプレだけ、踊ってみたが好きなら踊ってみただけに参加するので、タコつぼ化が進んで局所的な賑わい全体化されているだけのイベントに変化しているのだろう。はっきり言ってその状況は危機的だ。どれくらい危機的かと言うと百貨店の廃れ方と同じくらい。どちらもそういう複合的な喜びを享受する人が減ったことに起因しているのだろう。ちょっと残念だ。

イベント[写真]  ニコニコ超会議 2018 はコメントを受け付けていません。

exPoP!!!!! volume107

2018年3月29日//1200円/渋谷o-nest

出演は、エルモア・スコッティーズ、your gold, my pink、The Songbards、折坂悠太(合奏)、キイチビール&ザ・ホーリーティッツ(出演順)。入口にいったら客層がいつもより少しだけ若く女性が多かった。これは売れかけてるバンドが混ざっているパターンなので、どのバンドなのかなと期待しながら見ていた。

your gold, my pink

去年、5年半ぶりに復活したらしい。正式メンバーは二人組(ギター&ボーカル)で、ベースとドラムはサポート。おいじさんの感性で見てしまうと普通のロックに思えてしまう。さらにおじさん目線で言ってしまうと、この感じのまま抜きんでるのは大変だろうなという余計なお世話も。

The Songbards

イケメンで声もなかなか良い感じ。曲がちゃんとポップなので、この日多かった若い女性客はこのバンドが目当てだったのかと思ったがちょっと違ったようだ。声が良いのに歌の歌詞が少し聞き取りにくかったのは残念。高齢の為、僕の耳が悪くなったのかもしれないが…。

折坂悠太(合奏)

声と顔が基本的に苦手なタイプであるが、曲も歌詞も工夫されていてセンスを感じさせられる。こういう人には同じくセンスのある人が回りに集まってきて、どんどんセンスのある感じになる傾向があるように思う。プロフィールを見ると実際にセンスのありそうなプロフィールだった。

キイチビール&ザ・ホーリーティッツ

いいバンド! いつもなら1バンドが終わるごとに客が減っていくんだど今回は最後まで減らず。ようするに若い女性たちの目当てはこのバンドだったのだ。初見ですぐに良いバンドだなとわかるクオリティの高さだった。男女のツインボーカルの二人とも美男美女ではないし、とび抜けて上手い演奏というわけでもないはずなのだが、歌詞もすっと入ってくる(聞き取れる)し、何より雰囲気が良い。そして歌の感じも良い。コンセプトも良い(があるのかどうかもわからないけど)。

彼らの1stアルバムの煽りに「ハッピーサッドの先にあるハッピー」という言葉が、バンドを見て見てすぐに感じられるのも素晴らしいことだと思う。2月のWWWでのワンマンライブを完売させたらしいけど納得だった。

イベント[音楽]  exPoP!!!!! volume107 はコメントを受け付けていません。

星の動く音

坂口尚/1981年/奇想天外社/四六

星の動く音

続けて坂口尚本。

12色物語と違ってがっつりSFな作品群だった。しかも詩的なエッセンスと70年代から80年代の空気を含んでいる内容で、学生時代の自分がフワッと脳内に蘇った。僕は中高生のころにアフタヌーンあたりが好きで、ガロやトムの2.0的な意味合いでそれを読んでいた。だから坂口尚氏の作品というのは当時の僕の趣向に近く、僕よりも前の世代でちょっと背伸びをしたいサブカルチャー愛好家な人たちの琴線に触れていたのだろうと思う。

SF耐性のない僕のSFへの理解というのは最新科学とこれからの未来の予見みたいなところを含んでいるので、これから先の世界はどうなるんだろう?…という素朴な疑問に対する一つの提案をしてくれるものでもある。

しかしながら、そういう視点で古いSF作品を見てしまうと妙な古臭さを感じてしまい、どうしても当時の時代性だったり価値観だったりを引きずっていることを無視できなくなる。坂口氏の本はどれも好きだが、SF作品に関してはそこがやや引っかかったりもする。

読む[漫画]  星の動く音 はコメントを受け付けていません。

2019年4月5日

12色物語

坂口尚/2002年/講談社/文庫

12色物語

元々は潮出版社から出ていたコミックスを講談社が文庫化したもの。潮出版社というのは創価学会系の出版社だけど、『 石の花 』を出したのもここの会社だし手塚治虫作品をはじめ数多くの名作を世に出している。宗教と出版社の関係だけでフィルターをかけては見えてこない世界というのもきっとあるのだろう。

本作はこの前読んだ『 たつまきを売る老人 』よりはずっとストーリーに腰が入っていた。アブストラクトな作品から物語のある作品作りにシフトしていった時期なのかもしれない。事実、この作品の後にユーゴスラヴィア内戦を描いた名作『 石の花 』は描かれているのだ。

彼の作品に手塚治虫っぽさが感じられるのは彼が虫プロのアニメーターだったこととも無関係ではないだろう。ただ、それ以上に80年代のサブカルチャーの空気を背に受けつつ、既存の漫画のフォーマットにとらわれない天才肌のずば抜けた才能も感じさせる。

読む[漫画]  12色物語 はコメントを受け付けていません。

たつまきを売る老人

坂口尚/1980年/奇想天外社/四六

たつまきを売る老人

図書館で借りた本ばかり読んでいると家にある積読本が一向に解消しないので、最近は時間を見つけては買ったままになっていた本を少しずつ読んでいる。坂口尚の本はユーゴスラヴィアの内戦を描いた『 石の花 』でハマって以降、古本屋やネットオークションなどで買っていて、今回の本もそんな中で買ったのだと記憶している。

同書は奇想天外社から出ており、巻末にラインナップされていた漫画家は大友克洋や諸星大二郎など。そのことからも同書が当時の漫画の中でもかなり尖った作品だったということがわかる。

40を過ぎて朝夕の眠い通勤ラッシュ時に読むには僕の想像力が追い付いていかないので、読むのになかなか苦労した。なぜ通勤電車がヤンマガを読んでいるおじさんが多いのか? それは頭を使わずに読めるからだ。

彼の描く私的な世界は今でいうところの中二病的なマインドを持っていて、40年前にもこういう少し道の外れた感性(と言っていいのかはわからないが…)で作品を作っている人がいたことがただただ嬉しかった。

読む[漫画]  たつまきを売る老人 はコメントを受け付けていません。

exPoP!!!!! volume107

2018年3月29日/19:30-21:15/1200円/渋谷o-nest

出演はAAAMYYY、カネコアヤノ(バンドセット)、uri gagarn、Opus Inn。

AAAMYYY

可愛いけどメロディ弱く、アホっぽいけど可愛い。超失礼な誉め言葉のつもりだけどどうかな。あとちょっとだけimmiを思い出した。結婚して引退したとかどこかで読んだ気がするが、immiどうしてるかなぁ。

カネコアヤノ(バンドセット)

有名人ですよね。来てる感とか含めて。容姿端麗でファンも多く、パジャマで裸足というスタイルも決まっていて、ギターも喋りも上手い。僕のようなおっさんが食いつきやすい要素がありすぎてアイドル消費されている気もしなくはないが、まぁ…そこを越えて売れていくのでしょう。

このあと、uri gagarnとOpus Innが出たはずなのだが、記憶にない。…ということは、猛烈にお腹がすいて21時半がラストオーダーのちばから(二郎系)にラーメンを食べに走った可能性がある。

イベント[音楽]  exPoP!!!!! volume107 はコメントを受け付けていません。

Anime Japan 2018 2日目

2018年3月25日/12:00-15:30/東京ビッグサイト

いつになく快晴で撮影環境はとても良かったのだが、残念なことにディフューザーとレフ板を忘れてしまった。撮影意欲はまだまだあるつもりなのだが、2015年頃と比べると準備にかける時間も減ったし、イベントに参加する時間も短くなった。年齢のせいかもしれない。

あと、このイベントにおけるコスプレ界隈の状況も少しだが変わってきている。有名レイヤーは企業ブースにとられ、コスプレスペースは狭くなり、いわゆるコスプレとカメコだけでまわる世界そのものがあまり重要視されなくなったように思う。

それに加えてレイヤーさんもDMで送ってくれとボードの書く人が増えた。これはカメコが増えたせいではなく、レイヤー側のSNS対策が少しずつ浸透したせいだろう。昔はレイヤーもカメコも増え続けているという幸せな時代もあったが、今は何となくどちらも減ってきている気がする。

日本以外の東アジア圏ではコスプレは盛り上がってきているだけに、本場の日本のコスプレがこれまでのように世界をリードしていけるかは未知数だ。それこそ電気メーカーのように中国や韓国にまくられる可能性も十分にある。これからが正念場だろう。

イベント[写真]  Anime Japan 2018 2日目 はコメントを受け付けていません。