bemod

2018年6月13日

「アラビアの道-サウジアラビア王国の至宝」展

2018年1月31日/11:00-13:30/620円/東京国立博物館

「アラビアの道-サウジアラビア王国の至宝」展地道に読み継いでいるイスラム教関連の本の知識をリアルに感じるために見に行くことにした。東博の表慶館で行われていた企画展で、入口前に設置されたテントではサウジアラビアの遊牧民が食べているアラビックコーヒーとデーツ(ナツメヤシの実)がふるまわれていた。デーツの味は干し柿にちょっと似ている(かなり甘め)。

西アジア界隈は歴史が幾重にも塗り替えられており重層的なところがとても面白い。紀元前から考えると西アジアは長らく多神教の国や部族が多く住んでいて、ムハンマドがイスラム教を始めたあたりからその状況が大きく変わっていく。だから歴史的な遺物はほとんどが偶像なのに、イスラム教の隆盛以降は偶像が作られないわけだから文字が中心になっていく。そのあたりの変遷を今回の展示会では見ることができた。

アラブ民族とイスラム教はセットになっていてどの地域のアラブ民族もみんな同じと考えるのは誤りだ。部族単位で伝統的な生活様式があり、部族と言っても、都市に暮らす部族と砂漠を放浪する遊牧民では全然違うし、その違う部族同士がお互いの独立性を保ちながらたくさん交流していたのがアラブなのだ。

もっと深く知りたいという気持ちがさらに強くなった。

イベント[芸術]  「アラビアの道-サウジアラビア王国の至宝」展 はコメントを受け付けていません。

日光東照宮→中禅寺湖→戦場ヶ原→湯ノ湖

2017年10月9日/9:00-23:00/日光周辺

友人と日光へ。

日光

数年ぶりではあるが、相変わらず混んでいる。

日光

東照宮とまったくマッチしていないでかめのステージがあり、どこぞのバンドがリハーサルをしていた。しかもエンヤみたいないわゆるヒーリング系のバンドというならまだしも、普通のロックバンド風というね。

日光

で、よく見たらなんと寺尾聡! 本番は夕方からということで、リハーサルの途中だった。本番は有料なので無料で見れた上に、写真も撮れたのでそれはそれでラッキーだったのかも。

日光

改修後ということもあって、かなり綺麗になっていた。

日光

見ざる言わざる聞かざる…の3猿。

日光

東照宮で一番好きなのはこの門の厚みのある装飾。

日光

やっぱりステージは違和感しかない。

日光

パワースポットらしい隣の日光二荒山神社へ。

日光

ここにもアニメのキャラクターの波が。ヲタクの僕が言うのもなんだが、なんでもかんでもこういう美少女キャラクターの味付けをするのは安易すぎて、もういいんじゃないかという気がする。

日光

中禅寺湖へと流れる竜頭の滝へ。時間が遅かったこともあって、その前にある華厳の滝はスルーした。

日光

戦場ヶ原へ。奥日光のほうが深みがあって面白いのだが、今回は日が沈みかけの時間だったこともあって、サラサラと移動していった。

日光

日がギリギリ出ている時間に湯滝に到達。

日光

湯ノ湖に到着したころに日没。この日はX-T2を使用していたので好感度撮影はそこそこできると思っていたが、よりレベルの高い撮影をするためには三脚(ないしは自立式一脚)くらいは必要だったなと…。

観光  日光東照宮→中禅寺湖→戦場ヶ原→湯ノ湖 はコメントを受け付けていません。

2018年5月21日

ホココス 2017 秋

2017年10月8日/13:00-16:00/南大津通歩行者天国

ホココス 2017 秋

名古屋城観光 を経て歩いてホココスへ。

イベントのタイトルは「ホココス ~南大津通歩行者天国COSPLAY~」らしい。名古屋はレイヤー、カメコ、イベントのすべてのカテゴリにおいて質が良い気がする。他に娯楽がないというわけではないと思うのだが、東京の秋葉原や大阪の日本橋ようなヲタク街があるわけではなく(大須がそうだという声も大きいが)、そういう意味でもコスプレイベントにかける意気込みが他の場所より大きいのかもしれない。

歩行者天国がコスプレ撮影に開放されているというのはとても良いし、人の混み方もほどよい感じで過ごしやすい。東京だとアコスタあたりのノリに近いが、撮影環境という意味ではこちらのほうが広くて快適だった。

名古屋は近いので、年1くらいのペースで通うのもありかもしれない。

イベント[写真]  ホココス 2017 秋 はコメントを受け付けていません。

名古屋城

2017年10月8日/11:30-12:30/名古屋市中区

9月から12月まで3日の休日勤務があり、少しでも体を休めたいところだったのだが、それではあまりにも仕事人間になりそうだったこともあって名古屋のコスイベに参加することにした。翌日の9日には友人と日光に行く約束をしていたので、2日続けてなかなかの休日を過ごせたと思う。

というわけで新幹線で名古屋に行ったら少し早めに着いたので名古屋城へ行くことに。9月に 姫路城 へ行ったこともあって、名古屋城のしょぼさが際立ったが、ここは歴史的な何かというよりは牛久大仏的な何かによってここは楽しむべきなんだなと切り替えることによっとそれなりに楽しめたような気もする。

名古屋城

快晴。観光客もほどよい感じ。

名古屋城

最上階までエレベーターで上がれるというのが牛久大仏的な何かを感じさせる。天守閣の壁も本物の木や石の部分とフェイクの壁紙のところもあって、その安い感じに昭和的な何かを感じたりもする。

名古屋城

最上階にはお土産も売っている。

名古屋城

帰りは階段で降りた。上りと下りでそれぞれ階段があるらしいが、もちろん当時の名古屋城にはこんな会談は存在しない。

観光  名古屋城 はコメントを受け付けていません。

2018年5月18日

谷川俊太郎展イベント 都築響一×谷川俊太郎

2018年1月27日/14:00-15:40/東京オペラシティビル7F会議室

友人に誘われて急きょ行くことに。無料イベントで当日整理券とのことだったので1時間以上前から並んだ。悪くない整理券を確保できたのだが、入場時に遅れていったので結局一番後ろで対談を聞くことになったのがやや悔やまれる。翌月にはコーネリアスと谷川俊太郎の対談が予定されており、そちらだと1時間前に行っても整理券は取れなかっただろう。

トークイベントでは、語られた内容もさることながら谷川さんの声の若さに驚かされた。86歳にもかかわらずとてもはっきりとした口調で話される。しかも頭の回転も速く、質疑応答でもはきはきと質問に答えられていた。

内容的には都築さんがとてもバランス感覚のよい編集者ということもあって、僕のような素人にも丁度いい具合のぬるめの味付け。詩を創作することの意味だったり、それで食っていくことだったり、離婚の話だったり、どんなこともざっくばらんに話される谷川さんの姿は、僕が目指したい未来の姿だ。

(余談)
整理券を貰った後、近くのカフェ・ド・ルラーシュという店で待機。値段的にはルノワールよりも高めだが客が少なく居心地は悪くない。他の客もその静かさというか人の少なさを求めてきている感じだった。この店の近くに初台DOORSというライブハウスがあり、アイドルヲタク時代はよく通った思い出の場所でもある。

イベント[芸術]  谷川俊太郎展イベント 都築響一×谷川俊太郎 はコメントを受け付けていません。

exPoP!!!!! vol.105

2018年1月25日/20:00-22:30/1200円/渋谷 o-nest

出演はall about paradise、Wanna-Gonna、下津光史(踊ってばかりの国)、JAPPERS、South Penguin。2017年に渋谷o-nest近くにできた二郎系ラーメン屋・ちばからで夕食を食べていたのでall about paradiseは見てない。入場料(というか2ドリンク代)が1000円から1200円になっていた。

いつもの通り、雑感など。

Wanna-Gonna

オールドスタイルというかストロングスタイルのロックバンド。おっさんがこういうバンドに触れると安心感がある一方で、少し物足りなさも感じてしまう。程よくキャッチーだし売れたい意欲も強いのかもしれない。

JAPPERS

ガチのUSのロックバンドみたいな感じ。演奏が素晴らしくセンスの高さが出ていたが、英語詞なので発音がネイティブでないとアメリカのロックバンドのコピーバンドみたいにも見えてしまう。ネイティブな発音で歌う日本のミュージシャンが増えたからよりそう感じるのかもしれない。

下津光史(踊ってばかりの国)

一番人気。やや酔っぱらっていたようで、そのせいでバンド本体のスピンオフ感がとても強いライブだった。やっぱり声が素晴らしい。SUPER BUTTER DOGとハナレグミくらいの関係性なのだろうか。

South Penguin

凄い怪しげなお兄さんで、5人組のバンドかと思いきやボーカル以外は全員サポートらしい。しかもそのメンバーでバンドセットを組むのは初めてだと言っていた。

音の感じは一番今っぽかった。はっきり言ってしまえばD.A.Nみたいなわけだけど、後でチェックしてみたらエンジニアが同じ人だった。友達にラーメン系Youtuberがいるとか、そういう謎のノリも含めて好み な感じなので、この人は今後も地味にチェックしていきたい。

イベント[音楽]  exPoP!!!!! vol.105 はコメントを受け付けていません。

ボストン美術館の至宝展(2回目)

2018年1月20日/13:00-14:00/1400円/神戸市立博物館

京都に帰省したら両親が神戸に行こうと言うのでついて行ったのだが、まさか昨年の夏に行った ボストン美術館の至宝展 に行くことになるとは思わなかった。しかも前回の感想でも書いているとおり微妙だった美術展だったので、どうせ被るならミュシャ展とか違うのが良かったなと。

上野で行った時は全然混んでいなかったのだが、神戸ではめちゃくちゃ混んでいた。そんなに混むほどの美術展だとも思わないので、前回のおさらいといった感じで何となく眺めていた。ある画家一人にスポットを当てたような美術展ではなく、ボストン美術展の代表的なものをとりあえず並べました的なものなので、良くも悪くも歴史的な意味合いで美術をざっくり眺めることはできる。

その後、神戸の街をウロウロ歩いたが、姫路 とは違ってどこも混んでいた。

イベント[芸術]  ボストン美術館の至宝展(2回目) はコメントを受け付けていません。

2018年5月17日

「ぼくらが日本を継いでいく-琳派・若冲・アニメ-」展

2017年1月14日/16:00-16:30/新宿タカシマヤ 11階 催会場

「ぼくらが日本を継いでいく-琳派・若冲・アニメ-」展伊藤若冲や尾形光琳などの日本画と鉄腕アトムや初音ミクなどの現代の絵を強引に接続した美術展。ありそうでなかったこのタイプの企画展は、方向性に関してのみ僕の好みとマッチしている。どうやら京都の細見美術館がやっているらしい。

ただ、本当にただ接続しただけな感じがして、これはさすがに「ない」と思った。方向性は悪くないが、作品への落とし込み方がはっきり言って安易だと思う。

絵の意味と漫画の作品の意味も関連していないばかりか、その2つのタッチが融合されていることもない。せめて漫画・アニメの絵を日本画にハイブリッドして絵の中に落とし込んで欲しかった。

興味深い企画だっただけにただただ残念だ。

イベント[芸術]  「ぼくらが日本を継いでいく-琳派・若冲・アニメ-」展 はコメントを受け付けていません。

コミックマーケット93

2017年12月29-31日/11:30-15:00/東京ビッグサイト

29日のみ所用で13時に離脱し、あとの2日は15時頃までコスプレ広場にいた。29日と31日は前半に同人誌だったりコスROMだったりを買い漁ったりしたのであまりレイヤーさんを撮ることができなかった。30日はそれなりに撮れたはずなのだが、帰ってデータを見るとほとんど撮っていなかった。

コミケでレイヤーさんを撮るモチベーションが以前ほど高くない。コスプレカメコの漫画を描いているのに不思議な話だが、レイヤーさん単体よりもそこでの熱気だったり、カメコだったりといった他のことに目を奪われることも多くなったせいだ。

また、可愛いレイヤーさんだけを撮るというモチベーションよりも、よくできているコスプレだったり面白いコスプレを撮りたいという欲望も復活している。そういう意味では昔のようなスタイルに戻ってきているのかもしれないが、そのせいで撮影技術があまり進歩してないのが気になった。

イベントでワイヤレス撮影をするというモチベーションに関しては、2年前くらいがピークかもしれない。逆にPhotoshopのレタッチの技術は相変わらずなのでそれなりのクオリティを保っているが、このモチベーションだと上へいくのは難しい。レイヤーさんを撮影するにしてもただ撮るだけなのを卒業してもう一つ上の領域にいきたい。シンプルにそう思った3日だった。

イベント[写真]  コミックマーケット93 はコメントを受け付けていません。

コミュニケーションをデザインするための本

岸勇希/2013年/電通/B5

コミュニケーションをデザインするための本はあちゅう氏へのパワハラ・セクハラ問題で話題になった著者の本。Amazonのレビューは問題発覚後に書かれたものがほとんどで、とてつもない罵詈雑言が並べられている。Amazonレビューのこういう流れはあまり好ましくない。というのも問題発覚以前に書かれてたレビューはどれも好意的なものが多かったからだ。

結論的なことを言ってしまえば、「役に立つ人には役に立つかもしれないが、役に立たないと思う人には全然役に立たない本」という感じだろう。本なんてそうんなものだと言ってしまえばみんなそうかもしれないが、このこの本は特にその傾向が強いと思う。本当にちょっとしたことを深く捉えて考えている。

商品を売るための広告というのは画期的な新商品でないかぎりどれも似たり寄ったりになってしまうので、その似たり寄ったりの部分を広告の力(ここではコミュニケーションを含んだ情報の拡散)で何とかしようとしていて、彼の視点には深く納得させられるものがあった。

自分の会社に当てはめて考えると、おそらくこの著者ほど深く考えて商品を作ったり売ったりしている人は誰もいないと思う。おそらくうちの会社の人がこの本を読んでも「どうでもいいこと」として切り捨ててしまうだろう。しかし、この切り捨ててしまう部分に本当は商品の価値や意味が含まれていることもあるのだと思うし、その部分をよくよく煎じ詰めて考えてアイディアを捻り出しているところに著者の努力の跡が見える。

著者のプロフィールを見ると東海大学海洋学部水産学科を卒業して早稲田の大学院に入っているいわゆる学歴ロンダリング組で、こういう人はとても努力しているのだと僕は勝手に思っている。そういう人だからこそはあちゅう氏の甘えた部分に何やらを思ったのではないかと思ったり思わなかったり。

読む[書籍]  コミュニケーションをデザインするための本 はコメントを受け付けていません。