bemod

2020年1月13日

FUJIFILM x マグナム・フォト 共同プロジェクト「HOME」展

2018年7月21日/16:15-17:00/無料/代官山ヒルサイドフォーラム

+p 2018展 で写真の芸術性の貧弱さみたいなものを何となく上から目線で考えながら続いて行ったマグナム・フォトで、僕の上から目線がいかに浅はかなものであったかを思い知らされた。作品を前に写真家の内田ユキオ氏によって語られた作品解説があまりにも深かったからだ。

内田氏の個人的な感情だったり写真家としての視点だったりを踏まえたうえで、写真作品がこれまでに培ってきたアートとしてのコンテクストの中でこの作品がどのような意味を持つかを解説されており、教養勝負が重要な批評の世界において申し分のない(というか迫力満点の)内容だった。何より作品を見てそこから主題の意味を取り出す術があまりにも素晴らしい。

彼のような視点で作品を見たら、たしかに私が野良カメコとしてコスプレ写真を撮っている行為などは、写真という大きなジャンルの中ではあまりに小さすぎるし語るべき要素の少ないものだということを痛感させられる。だからこそコスプレ写真にこだわってみたいという逆のモチベーションが湧いたりもするのだが、やはりカメコとしてはもっと広義な意味で作品と向き合っていきたいという気持ちも強くなった。

そういう感情は内田氏の作品解説なしでは起こりえなかったわけなので、今回に関してはただただ内田氏に感謝である。

イベント[写真]  FUJIFILM x マグナム・フォト 共同プロジェクト「HOME」展 はコメントを受け付けていません。

+p 2018展

2018年7月21日/15:30-16:00/無料/渋谷ルデコ

僕の勝手な妄想だが、渋谷ルデコはアマチュア写真家の中で聖地になっている感がある。その理由は渋谷駅に近くかなりの都会でありながら、結構な広さの展示スペースを確保できるからだ。そのぶん会場のレンタル費用はかなりの額になると予想されるが、グループ展でたびたび使われるということはそれでもここでやりたいという引力がここには働いているのだと思われる。

+p 2018展というのはプロ・アマ問わずに参加できるポートレート写真のグループ展である。美術館にはわりと行くものの写真展は東京都写真美術館くらいしか行かないこともあって、写真を芸術の文脈で受け止めるだけの基礎教養が足りていない。そのため教養不足を補うためにほかの写真家の評だったり、批評家の言葉を参考にしようとするのだが、それも案外少なかったりするのがこの世界だ。

写真を芸術的にどう見るかみたいなことを深く考えると、これは案外深みにはまってしまう。というのも、今回のようなグループ展はそうした芸術の中にポートレート写真を位置付けたいという人もいれば、逆に女性好きな私をあえて前面に出すことでリアルな女性の生を引き出したいと思っているような人もいるからだ。要するに悪い言い方をすれば芸術化していないということである。

そのせいもあってか、写真展の開催だったり会場での写真家やモデルの盛り上がりとは裏腹に、提示された作品がほかの芸術作品のように人々の脳を揺さぶりながら語り継がれていくということはあまり多くないのも写真というジャンルの特徴の一つかなぁとも思ったりする。

もっともこれは僕が写真に対する基礎教養がなさすぎるせいもあるので、実際にはどうなのかはわからない(少なくともTwitterなどを見る限りではそんな印象だ)。

イベント[写真]  +p 2018展 はコメントを受け付けていません。

やっぱりまかろん。フリーライブ@とんぼりリバーウオーク

2018年7月15日/16:15~16:40/とんぼりリバーウオーク

日本橋のイベントの後、昼食をとり、少しぶらぶらした後にとんぼリバーウォークへ。大阪の難波付近は狭い範囲でいろんな種類のアイドルイベントをやっていて、このあたりだけをウロウロしているだけでもそこそこDDヲタを楽しめる雰囲気がある。

実際にそうしているヲタクがどれほどいるかはわからないが、感覚的に関西はアイドルの数に対してヲタクが若干少なめな印象がある。もっともヲタクがそれなりの数を抱えているのはAKBや坂道系のグループだけで、ほとんどの地下アイドル系のヲタクは東京に集中しているので、地方のヲタクというのはDD的なヲタ活というよりは、やはり身近なアイドルを真摯に推していくスタイルなのかもしれない。

人気のあるグループなのか、今回はそれなりにヲタが来ていた(というか、ヲタが固まっているところにいただけだが…)。そして、こちらも撮影可能現場なのだが、川を挟んでいるのでかなり遠い。アイドルにとっては安全かもしれないが、見やすい反面熱狂という意味では弱いのが残念な現場だと思う。パフォーマンス的にはカバー曲というかほかの人の曲のCDを流して踊っているので、ジャンルでいうと「踊ってみた」的なニュアンスに近いのかもしれない。

イベント[音楽]  やっぱりまかろん。フリーライブ@とんぼりリバーウオーク はコメントを受け付けていません。

LOVEBITESトークイベント@ディスクピア日本橋店

2018月7月15日/13:00~13:30/ディスクピア日本橋店 テレビゲーム館 2F

続いて、日本橋へ移動してLOVEBITESのイベントへ。普通のライブイベントだと思って、開始直前に会場に入って後方の座席に座ったのだが、トークイベントだったためにアイドルの姿もほとんど見ることができないまま話し声だけを聞いていた。

なんとなく行った現場で素性もよく知らないアイドルのトークを聞く。しかもドルヲタから遠ざかって数年が経過する高齢ヲタにトークイベントはかなり厳しく、気づけばよだれが垂れるほどがっつり寝てしまっていた。

イベント[音楽]  LOVEBITESトークイベント@ディスクピア日本橋店 はコメントを受け付けていません。

ハンバーガールZ フリーライブ@通天閣

2018月7月15日/12:05~12:35/通天閣スタジオ210

関空についてから決めていたことは、3年前同様に大阪観光をすることだった。と言っても行きたい場所はそれほどなかったので、これまた前回と同様にアイドルイベントをはしごして夕方以降に東京へ帰ることにした。

最初に行ったのはハンバーガールZというアイドルのイベント。アイドルのイベントへ行かなくなって2年以上が経過しているので、さすがに3年前に大阪を訪れた時と同じモチベーションではいられなかった。イベント前に何となくたむろっているヲタクたちの姿を見てもどこか懐かしく思う程度で、最前列付近の位置を確保するためにどこが導線になっていて、どのポジションに座席を確保するのが最適化を考えるなどという気持ちも全く湧きあがらなかった。

撮影可能現場ということもあって、何となくシャッターを切ってみたが、昔と比べてカメコの数もそれほど多くなく、後方は通りすがりの観光客が埋めている感じだった。

イベント[音楽]  ハンバーガールZ フリーライブ@通天閣 はコメントを受け付けていません。

スリー・ビルボード

監督:マーティン・マクドナー/出演:フランシス・マクドーマンド 他/アメリカ/2018年公開

ジャスティス・リーグ 』に続いてKLMの機内で鑑賞。今回の映画がKLMの機内で見た映画の中では一番面白かった。最後に見たのが本作だったことで「終わりよければすべてよし」的な意味の安堵があったものの、内容はそうした個人的な思惑と反比例して重苦しく深く考えさせられるものだった。

自分の娘がレイプされて焼き殺されるという凄惨な事件がきっかけとなり、その犯人を追う母親とそれを取り巻く周囲の状況。そこに人種差別といった社会の根深い構造が加わって、出口のないストーリーが淡々と展開されていく。

アメリカというのは不思議な国で、バカ映画を量産する一方で、今回の映画のような社会の中の闇を躊躇なく突いてくるような作品もしっかりと評価される。そういう意味ではフェアな国だなぁ…と思う。

映画を見て感じるのは、白人による有色人種に対する差別や、社会的に劣位にある人へのさげすんだ視線いうものが常に社会の根幹にこびりついていて、それを取り除くことがかなり難しいということだ。レイプされて殺された女性が白人のセレブならこうしたストーリー展開にはならないだろう。だからこそ、同じ人間でありながら、全然違う社会からの反応が起きてしまうところに闇があり、その闇とは今後も向き合っていく必要があるのだ。

見る[映画]  スリー・ビルボード はコメントを受け付けていません。

ジャスティス・リーグ

監督:ザック・スナイダー/出演:ベン・アフレック 他/アメリカ/2017年公開

関空からアムステルダムまでの飛行機は北極を通った最短ルートでも十数時間乗ることになるため、何本も映画を見ることになる。今回も消去法で見た映画の一本。アメリカのヒーローコミックのゼロ年代的消費が映画のほうにガンガン進出してきて、日本同様にアメリカの映画産業もヲタク化が止まらなくなっている。そんな時代背景を色濃く反映した作品。

まぁ…ポストモダンというか、日本でいうところのゼロ年代的ではあるが、バカ映画にもなり切れない中途半端さがあった気はする。アメリカではかなりヒットし、日本でもそれなりに好評だったようだが、如何せん僕が登場人物それぞれが活躍している個別の作品をそれほど見ているわけではないので、その連帯の妙みたいなものを楽しみ切れなかった。

小学校の時、『少年ジャンプ』のキャラクターがそう登場したファミコンのゲームソフト「ファミコンジャンプ 英雄列伝」は作品のクオリティがたとえ低くても、キャラクターの関係性だけで楽しめたことを考えると、この映画も本来の個々の作品を熟知していると相当楽しめた作品なのだろうと思う。なぜなら、それほど知らない僕でもそれなりに楽しめたからだ。

見る[映画]  ジャスティス・リーグ はコメントを受け付けていません。

2020年1月7日

アンセイン

監督:スティーヴン・ソダーバーグ/出演:ジェラルド・バトラー 他/アメリカ/2017年公開

KLMの機内で見た作品。最新作が揃っているということで楽しみにしていたが、今回の旅ではそれほど心が踊るような作品はなかった。そんな微妙な作品群の中でちょっと心がくすぐられたのは監督がスティーヴン・ソダーバーグだったこともあるが、全編iPhone7で撮られたということが売りになっていたからだ。

そのためある程度の映像の粗さは覚悟していたのだが、見始めてみるといつも見ている映画との違いを感じることはほとんどなかった。映像のクオリティはカメラの機能向上で日々進化しているが、人間の目がそれに追いついていないため、もはやiPhoneでも十分に映画足り得る作品を撮れてしまうのはカメラが趣味の僕としては嬉しいような寂しいような気持ちでもある。

病棟に隔離されている主人公の主張が本当なのか、病院の人たちの主張が本当なのか、妄想と現実を混ぜ合わせることで観る側を混乱させる演出が上手く、序盤はなかなか面白い展開だった。

後半はわりとわかりやすく種明かしされて、ストーリーはまっすぐに進んでいったものの、明快ですっきりというわけでもなく、なんとなくぼんやり終わってしまった。サスペンスが好きなので、そこそこのカタルシスを求めてしまうのは僕の方の癖みたいなものでもある。早い話が「まぁまぁ」と言ったところ。

見る[映画]  アンセイン はコメントを受け付けていません。

2019年12月13日

ジオストーム

監督:ディーン・デヴリン/出演:クレア・フォイ 他/アメリカ/2018年公開

典型的なアメリカのバカ映画。

姉の住むウェールズへ行く途中のオランダ航空の機内という極めて特殊な事情がなければこの映画は見なかっただろうと思う。SFの映像が進化しているため、いわゆるご当地(日本の銀座とか)がちゃんと描写された上で壊されていくという世界戦略を見据えた演出がなされており、マーケティング戦略のもとにきっちり作られた作品なのだなということはわかる。

それゆえに面白さに限界があるとも言えるんだが、それでもなおアメリカ映画がすごいと思うのは、この手の「世界を守る系」映画にしっかりアメリカ大統領を絡めてくる点で、それは『インデペンデンス・デイ』で戦闘機に乗って世界を救った大統領と何ら変わるところがなかった。

地球の異常気象を扱った上でそこにアメリカを絡めたらこういう映画になるというのは理解できなくもないが、一方でアメリカという国は温暖化対策の国際ルール「パリ協定」から脱退しているのである。敵を見つけてがっつり闘うことは好きだが、地味な日々の生活の中で豊かな暮らしを取り戻していく系の取り組みは苦手…というアメリカの姿を裏側で映し出した作品でもあるのかもしれない。

見る[映画]  ジオストーム はコメントを受け付けていません。

2019年11月28日

カルテル・ランド

監督:マシュー・ハイネマン/アメリカ/2015年公開/ドキュメンタリー

皆殺しのバラッド 』に続いてメキシコ麻薬戦争のドキュメンタリーを見た。こちらはテンプル騎士団カルテルというメキシコマフィアの横暴に立ち向かうために地元民が結成した自警団の活動を追いかけた作品だった。

テンプル騎士団カルテルというマフィアは名前からも分かる通りキリスト教系の新興宗教のような側面もあり、他のマフィアと比べると穏やかというか比較的安定しているとネットニュースでは報じられていた。しかし、実態はやはりマフィアなので横暴の数々が地元民を苦しめていたようだ。

そもそもなぜ警察ではなく自警団なのかと言うと、メキシコマフィア関連に関しては警察も司法もほぼ機能していないのが昨今のメキシコの状況のようだ。それはどこかトルコの自警団にも通じるもので、結局自分たちで銃を取って家族を守るしかないという原始的な世界にまで追い込まれているということだ。

ドキュメンタリーの後半では自警団自体が地元民とトラブルを興すケースなどもさん出てきたり、時にはマフィア化しているケースも有るようで、なかなか出口なしの悲惨な状況である。秩序というのは一度崩壊すると、そしてそれを悪用することで生計を立てる犯罪組織が大きくなりすぎると、それをもとに戻すのにとてつもない労力が必要だということがよくわかるドキュメンタリーだった。

見る[映画]  カルテル・ランド はコメントを受け付けていません。