bemod

2018年2月2日

exPoP!!!!! vol.91

2016年11月24日/19:45―/渋谷 o-nest

半年ぶりにexPOPへ。本当はもっと頻繁に行くつもりだったのだが、多忙だったり何だったりで足が遠のいていた。歳をとるとどんなバンドがどんな音楽をやっているのかまったくわからなくなって、ただただ懐古厨になるという残念な末路を辿りがちなので、そういう意味でもこのイベントだけには参加しておきたいという思いがあるのだ。

今回は単純に当たりのバンドがあった。そのあたりも含めて忘却メモ。

ELEKIBASS

サイケなビッグバンド風のロックバンド。シルクハット被ってサーカス風に陽気さは「ドラゲナイ」を歌ったSEKAI NO OWARIのようだが、彼らは1998年からこのバンドをやっているそうで、そういう意味ではキャリアを含めて深みが違うのだ。そこに哀愁を感じてしまうのは僕がおっさんだからなのだが…。

Papooz

本日1番の当たりのバンド。というか最近では一番当たったバンドな気がする。exPOPに外国のバンドが出ることは珍しく、その時点で上がってしまったテンションも影響しているのかもしれないが終始楽しませてもらった。ツインボーカルが交互に歌うスタイルも新鮮だったし、なぜか少しずつ服を脱いでいく右側のボーカルもおちゃめだった。フランス産のエッセンスを全面に出しながら、懐かしさのバージョンアップに成功している不思議なバンドだった。

THE BREAKAWAYS

三人組で全員ガスマスク姿。グランジ風のロックということも込みで少しメジャー感を装っているのだが、何とも乗り切れなかった。顔を隠すバンドは今では珍しくないが、こういうバンドはビジュアルを外しているぶん技術的にかなり上手じゃないとバンドとして映えないように思うのだけどどうだろうか。

WONK

このバンドも素晴らしかった。ジャズをベースにしているだけあって演奏も素晴らしく、さらにボーカルも歌がとても上手い。家に帰ってからネットで調べてみると今年かなり注目されているバンドらしい。調整が遅れてライブ開始が10時15分くらいだったにもかかわらず本日一番客が多かった。

僕はジャズの教養がまったくないので大したことは書けないが、ネットの記事などでは「フューチャーソウル」などと書いていて妙に納得した。とにかく次世代の音楽をやるバンドがたくさん出てきていることを知れたことが何より収穫なのだ。

イベント[音楽]  exPoP!!!!! vol.91 はコメントを受け付けていません。