bemod

2019年11月17日

exPoP!!!!! volume121

2018年3月29日//1200円/渋谷o-nest

出演は、エルモア・スコッティーズ、your gold, my pink、The Songbards、折坂悠太(合奏)、キイチビール&ザ・ホーリーティッツ(出演順)。入口にいったら客層がいつもより少しだけ若く女性が多かった。これは売れかけてるバンドが混ざっているパターンなので、どのバンドなのかなと期待しながら見ていた。

your gold, my pink

去年、5年半ぶりに復活したらしい。正式メンバーは二人組(ギター&ボーカル)で、ベースとドラムはサポート。おいじさんの感性で見てしまうと普通のロックに思えてしまう。さらにおじさん目線で言ってしまうと、この感じのまま抜きんでるのは大変だろうなという余計なお世話も。

The Songbards

イケメンで声もなかなか良い感じ。曲がちゃんとポップなので、この日多かった若い女性客はこのバンドが目当てだったのかと思ったがちょっと違ったようだ。声が良いのに歌の歌詞が少し聞き取りにくかったのは残念。高齢の為、僕の耳が悪くなったのかもしれないが…。

折坂悠太(合奏)

声と顔が基本的に苦手なタイプであるが、曲も歌詞も工夫されていてセンスを感じさせられる。こういう人には同じくセンスのある人が回りに集まってきて、どんどんセンスのある感じになる傾向があるように思う。プロフィールを見ると実際にセンスのありそうなプロフィールだった。

キイチビール&ザ・ホーリーティッツ

いいバンド! いつもなら1バンドが終わるごとに客が減っていくんだど今回は最後まで減らず。ようするに若い女性たちの目当てはこのバンドだったのだ。初見ですぐに良いバンドだなとわかるクオリティの高さだった。男女のツインボーカルの二人とも美男美女ではないし、とび抜けて上手い演奏というわけでもないはずなのだが、歌詞もすっと入ってくる(聞き取れる)し、何より雰囲気が良い。そして歌の感じも良い。コンセプトも良い(があるのかどうかもわからないけど)。

彼らの1stアルバムの煽りに「ハッピーサッドの先にあるハッピー」という言葉が、バンドを見て見てすぐに感じられるのも素晴らしいことだと思う。2月のWWWでのワンマンライブを完売させたらしいけど納得だった。

イベント[音楽]  exPoP!!!!! volume121 はコメントを受け付けていません。