bemod

2020年1月13日

FUJIFILM x マグナム・フォト 共同プロジェクト「HOME」展

2018年7月21日/16:15-17:00/無料/代官山ヒルサイドフォーラム

+p 2018展 で写真の芸術性の貧弱さみたいなものを何となく上から目線で考えながら続いて行ったマグナム・フォトで、僕の上から目線がいかに浅はかなものであったかを思い知らされた。作品を前に写真家の内田ユキオ氏によって語られた作品解説があまりにも深かったからだ。

内田氏の個人的な感情だったり写真家としての視点だったりを踏まえたうえで、写真作品がこれまでに培ってきたアートとしてのコンテクストの中でこの作品がどのような意味を持つかを解説されており、教養勝負が重要な批評の世界において申し分のない(というか迫力満点の)内容だった。何より作品を見てそこから主題の意味を取り出す術があまりにも素晴らしい。

彼のような視点で作品を見たら、たしかに私が野良カメコとしてコスプレ写真を撮っている行為などは、写真という大きなジャンルの中ではあまりに小さすぎるし語るべき要素の少ないものだということを痛感させられる。だからこそコスプレ写真にこだわってみたいという逆のモチベーションが湧いたりもするのだが、やはりカメコとしてはもっと広義な意味で作品と向き合っていきたいという気持ちも強くなった。

そういう感情は内田氏の作品解説なしでは起こりえなかったわけなので、今回に関してはただただ内田氏に感謝である。

イベント[写真]  FUJIFILM x マグナム・フォト 共同プロジェクト「HOME」展 はコメントを受け付けていません。