bemod

2017年12月5日

Aira Mitsukiワンマンライブ

2013年6月30日/18:00-20:00/渋谷 Glad

客が結構多かった。ナタリーでも宣伝されたし、ここで何かを発表するという触れ込みだったことも影響しているのかもしれない。

Saori@destinyの活動休止以後、デートピアはその存在意義を大きく減退させていったことはだれの目にも明らかだが、それでもAiraはまだもう一幕くらい次の展開が用意されているのではないかと思っていた。少し前のワンマンライブではドラムを募集していたので、人力テクノ風のバンドスタイルに変貌するやもという期待さえあった。

ところが、アンコールで活動休止の発表。一番考えられる展開だけに驚きはしなかったが、「やっぱりな…」という落胆の気持ちは消えなかった。2008年6月に タワレコ新宿のリリイベ でAiraを初めて見たときからちょうど5年が経っていた。気づけば一番長く追いかけていたのがAiraだったかもしれない。

Perfumeのブームがひと段落つき始めたころに登場したPerfumeフォロワーというかエレクトロ二番煎じ組の中で一番輝きを放っていたのがAiraだった。というのも、彼女のスタイルはあくまでアイドルのそれであり、にもかかわらず楽曲はクラブのフロアを意識したエッジの効いたものだったからだ。

あの尖った感じと二番煎じ感、その胡散臭さが逆にエレクトロの持ち味を引き出していると思った僕はそれから彼女の変遷を楽しみながら追っていた。それはファンというよりウォッチャーとしてのそれだったのかもしれない。というのも彼女の物販には一度も行ったことがないからだ。握手すらしたことがない。

他のアイドル現場なら必ずと言っていいほど握手したりチェキを撮ったりするのに、それをしないままこれだけ長い年月彼女を追い続けられたということは、それだけ彼女の楽曲やライブに魅力があったということだ。それだけに今回の活動休止の発表は残念だった。

イベント[音楽]  Aira Mitsukiワンマンライブ はコメントを受け付けていません。